タイ・パタヤ生活

10月13日はタイ前国王プミポン(ラマ9世)の日

2020年10月13日
ラマ9

本日10月13日は、2016年この日に88歳で亡くなったプミポン国王陛下(ラーマ9世)の死去から4周年を迎えた日この日は休日として認められてきました。記念日は彼の築き上げてきた事を記念し、思い出すために2017年からの始まっています。

故プミポン国王の死去は、タイ国民の父とも見なされていたため、世界中のタイの人々に多大な悲しみと心からの悲しみをもたらしました。

プミポン国王(ラマ9世)来歴

ラマ9

1927年12月5日に米国で生まれた王陛下は、ソンクラーの王子とマヒドール王女の3番目で末っ子でした。 父親が2歳のときに亡くなった後、母親が家族をスイスに連れて行ったため、子供の頃のほとんどはヨーロッパで過ごしました。

彼は王位に就き、1946年6月9日に兄のアナンダマヒドール王が突然死した後、タイのラマ9世に指名されました。彼は100日間の喪の期間中にスイスに戻り、法と教育の教育を終えました。 戴冠式の前の政治学。

スイスで学位を取得している間、王は頻繁にパリを訪れ、ナハトラ・モンコル・キティヤカラ王子とルアン・ブア・スニドウォンセ王子の長女であるママ・ラジャウォンセ(MR)シリキット・キティヤカラに初めて会いました。 彼らは最終的にロマンチックな関係を開始し、1949年に王室の婚約を発表しました。

プミポン国王の戴冠式は、王室の結婚式の翌年、王宮で行われました。 式典の間、彼の誓いは「シャムの人々の利益と幸福のために、私は義をもって君臨します」。 70年以上にわたってタイの人々の心を捉えてきました。

彼の治世中、ラーマ9世陛下は、彼の知性、不屈の精神、そして70年間の国への愛情を通じて、彼の地味で思いやりのある態度と、数多くの国家的大惨事を食い止める能力を認められていました。 彼はまた、熱心な職人、才能のある芸術家、犬の愛好家、そして国の守護者として認められていました。

彼の数え切れないほどの王室のプロジェクトと彼の自給自足の哲学は、全国的に貧困を後退させるために続けられ、国民と国全体の両方に利益をもたらすために開発され、拡大されてきました。

プミポン国王陛下を偲んで、タイの人々は敬意の印として、国王の象徴的な色を表す黄色を着用することが奨励されています。 人々は、道路やビーチの掃除、ゴミ拾い、食べ物の配布、その他の善行などのコミュニティサービスに参加するのが一般的です。

タイ政府が主催する、仏教の僧侶や初心者のための施しの儀式も、タイ政府が主催し、毎年午前中にバンコクのサナムルアンで開催されます。 この式典は、海外の地方やタイ大使館でも開催されます。

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply