タイ・パタヤ生活

お酒解禁後にドキッとした禁酒日

2020年5月7日
パタヤ禁酒

5月3日長い間販売禁止されていたお酒が販売解禁となりました。パタヤのスーパーマーケットでは箱買い者続出していました。お酒解禁から3日後パタヤに激震が走りました。

お酒が買えない!!

5月6日の事でした。今日は雨季にも拘わらず最高の天気でビールが飲みたいと思い、家近くスーパーに行くと….

「お酒が買えない」

お酒コーナーをよく見ると何やら書かれてありました。

DUE TO THE BUDDHIST

RELIGIOUS DAY (S)

IS NOT ALLOWED TO SELL ALCOHOL BEVERAGES

FROM MIDNIGHT May 5, 2020

TO MIDNIGHT May 6,2020

と書いていました。

要するに本日はブッタの日でお酒が買えないとのこと!!!

買いだめしていない僕は素直に今晩の食材とビール代わりのソーダを買ってスーパーを後にしました。

普段は事前に知っていたブッタの日も

Covid-19のおかげで日付の感覚がマヒしていたようです。

5月からのタイの禁酒日

5月6日 (仏誕節)

7月5日 (三宝節)

7月6日 (入安居)

10月1日 (オークパンサー)

僕が知っているのは上記の日です。

まとめ

Covid-19はお酒以上に体に害があり、肺だけではなく日付感覚まで支障をきたす最悪の病気

とにかく、早くCovid-19が収まるように祈るばかりです。

現在はタイのCovid-19感染者がかなり減っていますが引き続き、手洗い・うがい・外出時マスク・アルコール消毒のマナーは現在も必須です。

 

 

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply