パタヤ財布の物語

パタヤ財布

パタヤは夜の街です。1キロ以上あるウォーキングストリートは有名ですが、パタヤではウォーキングストリート以外にも、soi(ソイ)6,soi Buakhao(ソイ ブゥッカオ)など至る所に飲み屋が立ち並びます。

そんなバー(飲み屋)に行った際注意しなければいけない事があります。

財布の管理

飲み過ぎで記憶を飛ばしてしまう経験は少なからずあるかと思います。

パタヤに観光に来た際は皆必ずと言っていいほど男は酒を飲む事になるでしょう。

なぜなら、GoGoBar(ゴーゴーバー)はもちろんのこと。クラブにビアバーなどパタヤの観光にお酒は欠かせない存在だからです。

パタヤウォーキングストリート

他にもルーフトップバーやオシャレなレストランではワインやカクテルなどついつい飲むでしまいますよね〜

僕も初めてパタヤに来た際はついつい飲み過ぎ
早朝まで飲みまくり、部屋に戻ったら死んだように一日中潰して寝たのを覚えています。

二日酔いはきついしかし、それ以上に記憶を無くすまで飲むのは危険です。

それはなぜか?もちろん体の事もありますが、自分が身につけている高価な物はもちろんですが、

財布は大切に管理する事をオススメします。

パタヤ財布

夜の街パタヤでは窃盗などがよくニュースで見受けられます。

最近のニュースでは酔っ払ったフィンランド人がレディーボーイからお金を盗まれ、警察署に駆け込んだ事件や。

パタヤの女性が観光で来たインド人を見かけた時に、インド人に駆け寄りハグと見せかけて金品を取っていく荒手の手口もニュースで取り上げられていました。

あまり、日本人が取られた!というニュースがないので他人事のように思うかもしれませんが気をつける事はオススメします。

屋外での窃盗はもちろんですが、ペイバーなどで女性を部屋に入れる際も注意してください。

たまに聞くのが、朝起きたら女性とお金が無くなっているという事を聞いた事があります。

女性を部屋に入れる際は必ず部屋の金庫に大事な物は保管して起きましょう。

パタヤ財布

屋外での窃盗や屋内での窃盗など話しましたが、

パタヤではその窃盗などの対策はされています。

屋外では防犯カメラのが至る所につけてあり、何か窃盗や、事件などが起こっても大抵防犯カメラから割り出され。お金が戻って来たり、犯人が逮捕されます。

パタヤ安全

屋内に関しては。ホテルを利用されている方は女性を連れ込む際には必ず女性のIDカードを提示するようにホテルスタッフから言われます。

それは、窃盗などが起こってもIDカードのコピーをとっているためすぐに警察と連携が取れる為です。

たまに、女性のIDカードを提示を拒否する方が居ますがトラブルになった際に後悔するだけですので、スタッフからIDカードの提示の要求された際は素直に言う事を聞きましょう!

窃盗以外でも不注意で財布を落とすこ事はお酒を飲んだ財布確率が高くなります。

財布を落とすとお金を失うことはもちろんですが、それ以上にクレジットカード、免許証などのカード類が厄介です。カードの停止や再発行の手続きとせっかく休みを満喫しに来たのに、日本に帰った後余計な手間も一緒に持ち帰ることになります。

と散々、財布の管理は大切だと話していた僕ですが先日、不注意で財布を落としてしまいましたー…。

壮絶な3時間

少し体調を崩しパタヤのバンコク病院に行った時の事です。

パタヤ財布

診察を受け14:00

薬をもらい

支払い

車に乗る

帰宅16:00

少し寝る

起きる 17:00

財布がない事が発覚!

と体調が悪い時に限って負の連鎖が続きます。

慌てて思い当たる車を真っ先に探しましたが、何度探しても見つからない。

パタヤ財布

部屋も至る所を探しても見つからない。

部屋、車と往復して探しても全く見つからない探す事2時間

一向に見つかる気配がしない財布

病院で支払い済ませてから家までどこにも寄っていない。

財布があるのは車の中かもしくは部屋と完全に決めつけ探しましたがさすがに

これだけ探しても見つからないという事は別の場所で落とした可能性を考えました。

冷静に考えると、病院で落とした可能性もある事が頭に浮かび

すぐに、バンコク病院に連絡!

人の多いところで落としたら100パーセント誰かが持って帰ってる!と決めつけ

諦めそうになりながらもバンコク病院に電話。

すると…

色々と聞かれ始めました。

「どんな財布?」

「銀行のカードの〇〇と〇〇入ってる?」

「クレジットカードは入れてた?」

自分が財布に入れていた物が聞かれ

これは見つかったかもしれないと少し思いながらも話していると

この財布は今日受付に届けられたらしく、この財布だと確信!

パタヤ財布

受け取りにバンコク病院へ

「最悪。お金はどうでもいいや、カードだけでも入っていれば」と思いながらバンコク病院の受付に行きました。

「先程連絡した者です。」

「財布の件で受け取りに来ました!」と伝えると

「こちらの財布ですか?」

財布の捜索開始から約3時間後に壮絶な捜索から解き放たれましたー!

中身を確認すると、カード類は入っており更には現金もきちんと入っている!

落ちていた場所を訪ねると

病院の駐車場だったらしく、親切なタイ人の方が届けてくれたとのことでした。

海外で財布を落とすと絶対に見つからないと言われますが、

さすがは微笑みの国タイ!いい人がたくさんです!

少し悪かった体調も気がつくと治っており、一番の効く薬は

財布が見つかった事でしたー!

財布を見つけて届けてくれた方

本当に「コンプーン カップ」

Tags from the story

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です