タイ・パタヤ生活

友達の作り方その1

2018年3月16日
パタヤ美人姉妹

今回は少しずつ現地の方と知り合えてきたので

友達の作り方その1
〜出会い系〜
を書いていきます!

やはりタイに来て友達がいないとなかなかつまらない!

遊びに行こうにも日本人いないし、言葉もなかなか伝わらない!

じゃあ
友達を作らなきゃ!

実際にナンパもしましたが

今回は、まず

出会い系アプリでの体験談を書いていきます。

出会い系で使用したアプリ
◯ティンダー

◯couchsurfing

昔は出会い系のイメージはとても悪い印象があると思いますが

日本でも出会い系アプリで人と会うことが当たり前になってきています!!!!

都心ではスマートに人と会えるのでそれを活用して自分の友達を増やす人が増えているのが現状です。

僕はどちらかというとアプリを使って人と会うことに抵抗はなく、すんなりと会って話したりするのですが

今回は海外でそのアプリを使うということで、とても緊張しながらアプリを使用しました!!!

結果から言うと…

〇ティンダー出会った人
2人
◯couchsurfing
0人

僕は他のブログやネットではアプリで沢山の人と会ったとか

彼女ができたとか見ていたので

案外簡単に海外でも友達がすぐに出来ると思っていました。

しかし結果からみて惨敗です。

なぜか?
いくつか原因があります。
●場所
●たくさんのレディーボーイ
●めんどくさい

場所
僕はパタヤに住んでいて、バンコクから90キロくらい離れています。

バンコクでアプリを開くとたくさんの人とマッチしますが、パタヤでは中々マッチしずらいです。

成功している人は、憶測ですがバンコクに住んでいる人だと思われます。

バンコクの人と会っていてもいいのですが、何せ距離があるので今回は外しました。

たくさんのレディーボーイがいる

レディーボーイがわるいとは言いませんが、なかなかどう接すればいいのかわからないので

もっとタイに慣れてきてからかかわりたいなーと思います。

ただレディーボーイの人はしっかりプロフィールに

「私はレディーボーイです。」と記載してあるので、だまされたということはありませんでした。

めんどくさい

たくさんの人とマッチしても
読むときは、Gooogle先生

返信もGooogle先生なので徐々にやり取りが面倒になっていきます。

またいい感じで、メールのやり取りをしても途中で連絡が途切れることが多々ありメゲテしまいました。

それでも
2人女性と会いました

1人は観光客だったのでここでは省略します。

2人目はパタヤから30キロ離れたところに住んでいました

最初に合う段階で家族のバーベキューによばれ、家に行きました。
※一般の方はマネしないでください

普通に兄や姉、近所の家族まで紹介されびっくりしましたが。友達の家に行っている感覚になりすぐに打ち解け

やり取りしていた女性の兄から

兄「うちの妹は可愛いか?」

僕「かわいいですよ」

兄「そんなことないだろ?本当かい?」

僕「僕は嘘わつかない、妹さんとてもかわいいですよ!!」

僕「やっぱり、カッコいいお兄さんがいるから妹さんもかわいいですね!!」

兄「照れて、ビールをゴクリ」

と普通に話せました!!!

会話はどうしたのか?

ここでもGooogle先生の活躍

英語はだいたい翻訳してくれるのですが、

タイ語は意味が分からない文になることが多々ありましたが、何とかジェスチャーで対応し楽しくご飯を食べることができました。

帰りはタクシーにしようと思ってましたが、

ここら辺はタクシーは通らない、通るのはパトカーくらいだと意味深な発言。
(タイジョーク)

家まで送ってくれることになり綺麗な三姉妹に囲まれて楽しく帰ることができました。

いろいろと試す価値わあると思うので是非アプリを使ってみるのも面白いかもしれません。

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply